食品リサイクル


 日常生活を送っていく上で、必ず出てしまう食品廃棄物。今まではこの食品廃棄物を焼却処分していました。

 これらは水分を多く含んでいる為、焼却処分する上でのエネルギーを大量に必要としていました。タイヨーではこの食品廃棄物を一次発酵、二次発酵させて堆肥へと生まれ変わらせています。

全国の食品廃棄物等の発生量
平成22年度で2,086万トン

1,715万トン

食品製造業

229万トン

外食産業

119万トン

食品小売業

22万トン

食品卸売業

●全国の食品廃棄物等の発生量は、平成22年度で2,086万トンとなっており、このうち食品製造業が約8割を占めています。
●食品循環資源の再生利用等実施率は、食品小売業や外食産業などの食品流通の川下に至るほど分別が難しくなっていきます。(農林水産省調べ)

循環型社会への取り組み